コンパクト・フィルムプロセサー

DIP500A

コンパクト

  • 設置場所を選ばないコンパクト設計

高画質

  • 高精度のローラーを使用し、仕上がりがシャープで安定した鮮明画像が得られます

仕様一覧表

フィルム移送方式 ローラー連続移送方式
処理時間 150秒、180秒、240秒設定可変
処理フイルム 10×12㎝〜35×43(半切)縦
処理能力 180秒処理・・・・35枚 / 時・25×30(四切)横
タンク容量 現像3.7ℓ / 定着2.4ℓ / 水洗2.3ℓ
標準処理温度 現像 : 35℃、33℃、31℃ 設定可変
乾燥 : 60℃±5℃(スタンバイ時45℃)
温度調節 現像 : サーミスタによる定温制御
乾燥 : サーミスタによる定温制御
液補充方式 フイルム検出による自動定量補充
現像液攪拌方式 攪拌プレートの回転による
水洗方式 流水方式
安全装置
  • 過熱防止機構・漏電ブレーカ
  • 手動復帰式安全サーモ(現像・定着・乾燥)
省エネルギー対策 待機中スタンバイ機能
  • 乾燥温度を低く維持
  • 駆動モーター間欠運転
  • 補充液を間欠補充し劣化対策
  • ローラーを間欠運転し固着防止
設置環境 温度 : 10~30℃ 湿度 : 30~80%RH
使用水温度 : 常温水(5〜30℃)
電源 単相AC100V 9A 50/60Hz
外形寸法 565(幅)×723(奥行)×463(高さ)㎜ (挿入ケースの無い場合、奥行614㎜)
質量 約27.5㎏
付属品 計量容器、補充タンク、他
使用処理薬品 ダイトーマイテック製 "D1"現像処理液 "F1"定着処理液