東朋テクノロジー株式会社による子会社化について

ダイトーマイテック株式会社(以下「当社」といいます)は、2015年10月27日付で東朋テクノロジー株式会社 (本社:愛知県名古屋市 代表取締役会長:富田和夫 代表取締役社長:富田英之)による当社株式の取得を通じ、東朋テクノロジー株式会社の子会社となりました。

東朋テクノロジー株式会社は主にFPD(フラットパネルディスプレイ)分野や半導体分野向け検査装置の製造販売および、通信技術による自動車生産ライン向け制御システム装置などを主体に製造販売してきましたが、2010年に医療市場に参入し、MRI(磁気共鳴画像装置)やレントゲンなど医療機器の販売やメンテナンスを手がけ、また2014年からは手術用LEDライトの製造を開始、今後成長が見込める医療分野へさらに力を入れるべく今回の決定をしました。

当面は当社の製品である医療用自動現像装置の技術を、非破壊検査装置など産業用途へと拡大する等、両者の強みを生かしたシナジー効果による販路拡大や両者技術による新商品の開発をすすめ、さらには東朋テクノロジー株式会社のシリコンバレー事務所を通じて、医療先進国のアメリカで現地の医療機器関連メーカーから技術を習得する等、競争力の高い自社製品を品揃えし更なる医療分野への業容拡大を図って参ります。

今後東朋グループの一員として、社業の更なる発展に邁進して参る所存でございます。何卒、倍旧のご支援ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。